注目の記事 PICK UP!

天然岩切出七輪

こだわりは男のロマンである

最近、ウナギが釣れるようになりました
そうなってくると、釣り道具と調理道具にも拘りたくなります

炭、包丁は入手済み

ウナギが釣れないうちから入手していた、東海地区のウナギ屋さんも使用する、【ウナギ包丁(名古屋割き)】

そして、遠赤外線効果でふっくらパリっと焼き上げる【紀州備長炭】

きっかけは【贅沢食いがしたい!!】から

現在使用している七輪は、ホームセンターで購入した角形七輪
大きさは、横幅50cmほど、奥行きが30cmほど

60cmのウナギを焼こうと思うと、どうしても分割にしなければ均一に焼けません

近所で外からウナギを焼く様子が見られるウナギ屋さんに行って見ると、焼き台はやはり大きく、60cmのウナギを2本横に並べても余裕があります

しかし、家庭ではそんな大きな焼き台は邪魔になります

できれば趣味の範囲内で60cmのウナギが1匹まるっと余裕で焼ける焼き台を探していました

そうすれば、【贅沢食いができるじゃないか!!】と・・・

譲れない条件をピックアップ 

まずは、条件を考えます
一般家庭ですし、しょっちゅう使うこともないと思いますが、頑丈で後で公開しない物を選ばなければなりません

  • 持ち運びができる
  • ウナギの長焼き(1本丸ごと)ができる
  • 長焼き2本を1度に焼ける
  • 保温性がある
  • 壊れた場合修理や作り直しが依頼できる
    これを条件にしました

既製品は条件に合わず

インターネットを駆使して、条件に合う物を作成してもらえるところや、売っているところを探します
しかし、長焼きができる焼き台、七輪は既製品ではそうそうなく、あっても高額な物ばかりでした
サイズが小さい、保温性がない、高額などと条件が合わない物が多く、諦めかけていた時にハッとひらめきました

元々持っていた七輪の製造会社に連絡

これまで使用していたホームセンターで購入した七輪を出し、製造会社に作ってもらえるか聞いてみることにしました

しかし、七輪は使い倒していたため、製造情報の記載があったラベル等はなく、ホームセンターへ見に行ってきました

製造会社が判明したので、すぐに連絡し、オーダーができるか聞いたところ、既製品しか作っていないとのこと

しかし、電話に出てくださった担当の方が優しい方で、オーダー七輪を取り扱っている所を教えて下さいました

石川県 丸和工業様に連絡

こちらが石川県の丸和工業様
珪藻土岩から手作業で物にあったサイズの土を切り出し、七輪を作成されています
画像をクリックするとHPに飛びます

丸和工業様に連絡をし、用途と、理想を伝えると、形としては【角形七輪】が良いとのことでした

私の理想と、丸和工業様の知識が合わさって、無事オーダーまで終えることができました

オーダーからおよそ30日

オーダーからおよそ30日経った頃、待ちに待っていた丸和工業様から私の携帯電話に電話がありました
仕事中だったため、電話を取ることが出来ず、仕事も深夜までかかってしまったので、電話は次の日にと思って迎えた次の日の朝早くに宅急便屋さんから電話が鳴りました
「着払いで荷物が届いています」と連絡が入り、届けて頂きました

外径
(㎜でアバウト表示してます)
奥300×長600×高250

内径
(同じく㎜表示です)

奥220×長500×高200


かんてき
奥210×長250×高30

秋刀魚が5匹は余裕で焼けるくらいの大きさです

世界に一つだけのウナギ用天然岩切り出し七輪

七輪には練り物と切り出しとあるそうで、色々と調べているうちに
●練り物は水に濡れると型くずれしてしまう
と書かれていたのを見て切り出しの方が・・・と思い、購入を決意しました
ホームセンターの七輪はほとんどが練り物です

丸和工業様のカタログ等には掲載されていない特注で、本当に、世界に1つだけのコンロを手に入れることが出来ました
大事に使えば一生ものです
大切にしたいと思います!!!

果たして、天然ウナギをこの大型七輪で焼く日はいつ訪れるのか???

関連記事

  1. 天然砥石の山本砥石店に行ってきました

  2. 久しぶりのブーツ

  3. 介護施設で天然ウナギを提供

  4. ピザ釜 チムニー

  5. 剪定 刈り込み タナカ エンジン式ヘッジトリマー TCH22EAP

  6. 昔の魚取り道具はこんなのでした

  7. 七輪用スリット入り鉄板

  8. 拾い物の値段

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP