注目の記事 PICK UP!

ウナギ釣りの餌(鮎編)

にほんブログ村 釣りブログ ウナギ釣りへ
にほんブログ村

ウナギは鮎が大好き!!!

untitled

ウナギ釣りに欠かせないエサ、前回は「ドバミミズ」を紹介しましたが、今回紹介するのはドバミミズに劣らない集魚力のエサ「鮎」です

鮎の臭いがウナギに効く?

皆さんは鮎の匂いを嗅いだことはあるでしょうか?
特に生きた天然鮎は「スイカ」の匂いがするといいますが、あれは本当なんです
鮎釣り師に釣ったばかりの鮎の匂いを嗅がせてもらうと、ものすごくスイカです

このスイカの匂いがする鮎、実はウナギの大好物なんです
人間が食べても美味しい、天然なんて高級な川魚の代表の鮎ですから、ウナギも好きなんでしょうね
美味しい物をよくしっています

ウナギ釣りに鮎エサを使っている釣り師は多い

実際に、私の周りでも鮎釣りをして手に入れた鮎をエサにしてウナギ釣りを楽しんでいる方が何名かいますし、罠を仕掛けてウナギを捕る方は、鮎を使うことが多いそうです

鮎エサの使い方

稚鮎の場合であれば頭の固い部分に一匹がけでいいです
成魚であれば三枚卸しをして片方の身から6辺の身を切り分けて1つずつ使います
このときに、私は内臓の匂いがついていた方がいいと思っており、切り分けた身と内臓を混ぜ混ぜして使おうと自宅で処理をしてタッパーに入れて釣り場に持って行ったところ、切り出したときにはプルプルの身だったのですが、いざ使うと思ったら身がドロドロに溶けかけていました

これは、単純に鮎の胃液が強く、身を溶かしてしまったんですね
それでも使ってみましたが、柔らかく半溶解の身は持ちも悪く、投げれば身切れして飛んでいく役立たずになってしまったことがありました

それからは最初に内臓を出して身につかないようにして使っています

周りの方に鮎をもらったときには、面倒でも一匹ずつ冷凍保存をし、使用する前に半解凍状態で捌く内臓が凍ったまま綺麗に取り出せます

天然鮎じゃないとだめ?

いいえ、そんなことはありません
スーパーに売っている鮎でも、囮屋(おとりや)の鮎でもいいです
ただ、やはりその川でウナギと共存している鮎が一番いいような気がします

関連記事

  1. ムカデ百足蜈蚣

  2. ドバミミズのいる場所

  3. ウナギ釣りの餌(ドバミミズ編)

  4. 釣りに適した車はこれだ!!

  5. 錘(オモリ)を制する者はウナギのポイントを制する!!!

  6. ウナギってどこにいるの?(汽水域編)

  7. 2021年ウナギ釣り道具紹介

  8. 晴れはウナギが爆釣、雨は貧果!?

コメント

  1. 14才15才ごろ、鮎の友釣りで、いやというほど、鮎食べてましたよ。そして鮎を餌にして、鰻を釣ります。樋地倫で炭たいて、自分でさばいていやと言うほど食べてましたよ。

  2. 奈良県の吉野川で、鮎釣り、週一行ってましたよ。20から30匹ぐらいは釣ってましたよ。

  3. そうですよ、鰻は鮎が代行物ですよ。鮎を3個から4個に切って針につけます、一晩浸けておきます。朝早く引き上げにいきます。それと20 センチ四方の箱をつくります。長さは1メイターぐらいです。その箱に鮎を入れます。それを1晩つけます。朝早く上げに行きます。美味しい鰻が掛かってますよ。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP