注目の記事 PICK UP!

ウナギ釣り用語解説【ボウズ】とはなんぞや

にほんブログ村 釣りブログ ウナギ釣りへ
にほんブログ村

ボウズは自分だけではない

ウナギ釣りに限らず、釣りにつきものなのは「ボウズ」

そもそもボウズって何?

ボウズとは、一般的に本命魚が一匹も釣れないことを指します
また、外道と呼ばれる対象魚以外も釣れない状態を丸ボウズと言うそうです

ボウズの由来ってどこからきたの?

これは諸説多くあります
調べた由来を挙げてみましょう
ただし、どれが本当の理由かはわかりませんが、すべての由来に「なるほど」と思うところがあります

    • 坊主(お坊さん)には毛が無いので0(ゼロ)=釣果無し
    • お坊さんは殺生をしないので肉・魚を食べないから
    • 漁師が魚が獲れずに売る魚が無くて儲けが無い(もう毛が無い=お坊さん)
    • 地方ではボウズを「おでこ」とも言い、毛が生えていないから(毛がない=お坊さん)

と、いくつも諸説がありますが、なんとなくすべての理由に納得できます

ボウズの定義は決まってる?

私自身、周りに本命魚がばっちり決まっているウナギ釣り師、鮎釣り師だけではなく、五目釣り師もいます

  • 本命も外道も1匹も釣れない=ボウズ
  • 本命は釣れず、外道が釣れた=ボウズ
  • 本命は釣れた、しかし持ち帰りサイズが釣れず=ボウズ

私の周りのボウズ定義はこんな感じでバラバラです

ウナギ釣りに関しての【ボウズ】の使い方

これも人によって使い方は様々ですが、それでいいと思います
私自身も釣果によって適当に使っていますw

  • 本命も外道も1匹も釣れない=ボウズ
  • 本命は釣れず、外道が釣れた=ボウズ
  • 本命は釣れた、しかし持ち帰りサイズが釣れず=悔しいので釣れたけど逃がしたという

エンピツが釣れても気持ちの中ではボウズですが、人に言う時にはボウズと言うのはなんとなく悔しいので、「釣れたけど逃がした」と言うひねくれ者ですw

本命(対象魚)が決まっている程ボウズ率は高い

仮に本命がつれないことをボウズと言うことが確定であるならば、本命が決まっている釣り師ほどボウズ率は高くなるのではないかと思います

小学生の頃からボウズと言う言葉は知っていましたが、川でフナやオイカワを釣っていた頃、何かが釣れればボウズとは言いませんでした

始めてボウズという言葉を使ったのは、ブラックバス釣りをした時に、ハスは釣れたのですが、ブラックバスが釣れなかった時に「ハスが釣れましたがブラックバスは釣れませんでした」という会話でした

その時も同行者には「ブラックバスは釣れなかったか~ボウズか~」と言われ、ボウズの定義は人によって違うんだ、ボウズなんだと感じた覚えがあります
一匹も釣れなかった時は総じてボウズでいいとは思いますが、小学生で五目釣り師だった私は魚が一匹でも釣れればボウズではないと思っていましたし、今も思っています
上記のように会話の場合は本命と外道によって使い分けることもあります
本命はボウズだったけど外道は釣れた・・・など

諸説は諸説で楽しんで釣りをしましょう

この記事に関しては、確定はありません
諸説が多くあり、また、釣り師によっても見解が違うため、ある程度の定義の中で使い、意味合いが通じればいいかと思います

釣りの意識が高い方は釣りに関するワードもきっちり使われると思いますが、私のような雑魚ウナギ釣り師は意味が通じればいいと思っています

私のような者をウナギ釣り業界では【適当クソ野郎】と言いますw

ウナギが釣れなくても、持ち帰りのスッポンが釣れたらボウズとは言いません
持ち帰りのウナギが釣れなくても、エンピツが釣れたらボウズとは言いません
ウナギが釣れなくても外道が釣れたら「一応ボウズ」と濁します
ウナギも外道も釣れなくても「調査だから」と強がります

適当クソ野郎なので、ボウズとは言いたくないのですw

こうやって釣りに関する言葉でたまには遊んでみるのも楽しいですね
釣りには多くの専門用語がありますが、少しずつ釣りを楽しみながら自然に覚えていきましょう
勉強して覚えようとするよりも自然に頭に入ってきて、自然に楽しく使えるようになると思います

 

 

次回の記事は11月12日20時にアップします
タイトル:ウナギ釣り師必見!!脱ボウズ!!

 

関連記事

  1. 錘(オモリ)を制する者はウナギのポイントを制する!!!

  2. リールのメンテナンスとyoutube動画はまってます

  3. 冬のウナギ釣り攻略法はこれだ??

  4. シマノ アセレーションSW3000×2

  5. ドバミミズのいる場所

  6. ウナギ釣りのシーズンっていつ?

  7. 便利なスマホアプリ

  8. 個体の違い(見た目~味)

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP