注目の記事 PICK UP!

130センチの大ウナギが・・・

にほんブログ村 釣りブログ ウナギ釣りへ
にほんブログ村
昨日の中日新聞の「中濃版」をみてビックリ!!

 

私のホームリバーで130センチのとんでもない大ウナギが仕掛けに掛かったとの記事が!!

 

最近、河口の方ばかり行っていて、地元河川をおろそかにしていました。
しかも仕掛けたのは御年70歳の男性。

 

インターネットに登場せず、自分の経験と勘と知識だけを頼りに頑張っていたのでしょう。
全くすばらしいですね。

 

私は調子のいい男です。
近いうちにホームリバーへ・・・行こうかな・・・。
なんにしても中流~上流域には居付きのウナギがいて、おそらくサイズも大きめのがまだまだ潜んでいるとは思っていましたが、130センチとは・・・・。

 

記事になった人にも会いにいってみようかななんておもっています。

 

今回はウナギ関連の記事が出ていたので・・・。
最近、本数は上がるんですが、サイズが・・・なんて話しをしていたら・・・
こんな記事は釣行場所を悩ませる種になりますねぇ~。

 

では、本題の記事です。

 

関連記事

  1. 団体戦釣行記

  2. 関西こてこて鰻会&東海なもなも鰻会合同オフ会その1

  3. エントリーサイズがやっと・・・。

  4. アサヒポンズとヘルメスソース

  5. 今日も行ってしまいました

  6. 肉部

  7. 大会前の再確認

  8. 納屋の整理

コメント

    • katuya
    • 2008年 5月 27日

    SECRET: 0
    PASS:
    ガーン!!!!こんなウナギが居るなんて~~
    間違いなくヌシですね~これ食べたら顔テカテカになりそう~

    • たぬき
    • 2008年 5月 27日

    SECRET: 0
    PASS:
    130センチ?オオウナギ(マルモラータ種)じゃなくてニホンウナギでですか?!すごすぎます。というか食べるなんてもったいない・・水族館、アクアトトギフあたりに寄付した方が良い様な・・。

    • かっぱ
    • 2008年 5月 27日

    SECRET: 0
    PASS:
    凄いですね~^^;こんな大物、竿じゃ上がらないような^^;
    まだ居るかもしれませんね~もっと巨大な主が~^^
    頑張って下さい!

    • 2008年 5月 27日

    SECRET: 0
    PASS:
    トモエです。
    これは凄いっ!丹後組真っ青です・・・
    体色や卵巣の有無など興味が尽きませんね。
    しかし、最近は全国的に大型の報告があがってます。
    今年はやはりアタリ年ですね。

    • 幸の中の人
    • 2008年 5月 27日

    SECRET: 0
    PASS:
    かつやさん、
    ガーン・・・は全く同感です。
    しかもホームリバーですよ!!
    地元をおろそかにするもんじゃないですね。

    • 幸の中の人
    • 2008年 5月 27日

    SECRET: 0
    PASS:
    tanukiさん、本日、鰻屋さんに問い合わせたら、もう捌いてしまったそうです。
    しかし、結構身がぶよぶよしていて皮も厚くて、捌いている段階では絶品!とまでは感じられなかったそうです。
    ちなみに、本職から、「明らかに日本ウナギですよ。」との返事を頂きました。
    居るところには居るんですね。

    • 幸の中の人
    • 2008年 5月 27日

    SECRET: 0
    PASS:
    海かっぱさん、すごいですよね。
    そう!!でもまだ居るかもしれない・・・ということで、私も仕掛けをやってみようかと思います。
    地元の川も大切に頑張ります!!

    • 幸の中の人
    • 2008年 5月 27日

    SECRET: 0
    PASS:
    トモエさん、これを私が釣り上げていれば(こんなありもしないことばかり考えて・・・)一気にウナギ釣り界のウナウナ王子(笑)に鳴っていたかもしれないのに・・・。
    先ほど、トモエさんのコメントを見て、再度鰻屋さんに問い合わせたところ、体色については一緒に捕れたウナギは緑色がかかっていましたが、大ウナギは、背は真っ黒で腹は真っ白だったそうです。
    卵巣は確認できなかったとのこと。
    身は、サシが入って脂がすごすぎたそうです。
    身と皮が厚すぎたため、皮と身と別で焼いたそうですが、煙と火は今までにないくらいあがったそうです。

    • 幸の中の人
    • 2008年 5月 27日

    SECRET: 0
    PASS:
    トモエさん、続き・・・。
    鰻屋さんも、ここ数年、何本か大型があがってきているが、今年は大型があがってくるのが例年に比べて早いとおっしゃっていました。
    これは、私にも丹後勢を「うぉっ!!」と言わせるくらいのチャンスが出てくるかも・・・(笑)
    少なくとも、数では私、今年は当たり年です!!

    • 2008年 5月 27日

    SECRET: 0
    PASS:
    トモエです。
    そうですか、やはり脂がきつ過ぎですか・・・
    体色が黒っぽく卵巣は無し、いわゆる「オカマ」と呼ばれるやつですね。
    これは過去に丹後で釣れたメータークラスにも共通した特徴です。
    このサイズになると関西風の地焼きで脂を落とすのはかなり難しくなってきます。
    私がうな輪のしんさんのスレッドにに書いた「五右衛門」や「江戸焼き」が適しているようです。
    分厚く硬い皮に関しても、蒸しを入れる前の白焼きの段階で「焼ききり」と呼ばれる技法があります。
    強火の近火で皮目をガンガン焼けば皮が焦げて膨らんできます。
    黒焦げにしたら水を当てながら包丁の背かたわしで焦げた皮をこそげ落としてやるのです。 すると下からもう一枚綺麗な皮が姿を現します。 蛇の脱皮のような感じですね。
    ここから再度普通に焼いていけば皮の硬さは解決します。
    地焼きの場合なら焼きの途中の「揉み」と「返し」の回数が焼き上がりの柔らかさを左右するので、このサイズになると通常の鰻の3倍の労力が必要となるでしょうね。

    • 幸の中の人
    • 2008年 5月 30日

    SECRET: 0
    PASS:
    トモエさん、本当にウナギに関して色々と勉強されていますね。
    初めて知ることばかりで勉強になります。
    私もこれくらいの大型が釣れたら是非試したいところですが、逆にここまで大きいとちょっと引いてしまいますね・・。

    • ぱらまた
    • 2008年 5月 30日

    SECRET: 0
    PASS:
    他サイトになりますが、http://www5f.biglobe.ne.jp/~nonbiri-shizuoka/gyo04.htmlに私の釣った92センチの捌きの画像と動画があります。
    なかなか勉強になりますよ。ちょっと引くかもしれませんが・・・

    • 幸の中の人
    • 2008年 5月 30日

    SECRET: 0
    PASS:
    トモエさん、ありがとうございます。
    職人さんの手の大きさから比べると、すごい大きさですね。
    130センチって・・・どんだけ~って感じです!
    包丁の角度と切れ味が素晴らしいため、綺麗に捌いていますね。
    さすがプロ!
    これは、のんびり・・・の記事なんですね。
    ここのみんなの釣行記のつっこみを読んでいると、イヤミのない「愛」を感じますね!
    さすがに捌いたときにこれだけ血が多いとゾゾ気が・・・でも見てしまいました。
    ありがとうございます!!

    • もっさん
    • 2008年 5月 31日

    SECRET: 0
    PASS:
    あっ~~~~~。我慢ならんなぁ。
    釣りたいけど・・・・・・やっぱり食べてみたい。(爆笑

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP