注目の記事 PICK UP!

久しぶりの休みは山登り

にほんブログ村 釣りブログ ウナギ釣りへ
にほんブログ村

本っっっっっっっっっっっ当に久しぶりの休みを利用して、山に入ってきました。

特に何の目的もないのですが、とりあえず行ってみようと・・・・。

運良く山葵や山菜があればいいな~~~くらいの気持ちもありました。

自宅から1時間ほど車を走らせ、どんどんと山の中を入っていきました。
もう、これ以上行けないというところで車を停めて、スニーカーを長靴に履き替え、軍手をしていざ入山。

車で1時間ほど、更に徒歩で1時間ほど川沿いをドンドコドンドコと入っていきました。
車を降りた当初は少し寒かったくらいですが、1時間後には汗がジンワリ・・・。

所々、人の手が入っていましたが、とても気持ちのいい場所でした。
平日にも関わらず、歩き始めには渓流釣りの方も数名おられました。

 

15㎝くらいの魚も多くいたので、アマゴ?ヤマメ?

行きは川沿いを歩き、帰りは川を少し離れて山中を歩いたのですが、山菜はふきのとうくらい・・・
ふきのとうは捨てるくらい沢山ありましたので、10個ほどお持ち帰りしました。

さて、車に戻る道中、ふと、整った形の枝が・・・。
あっ!!と手に取ると・・・・。

 

鹿の角でした。

落ちているのは初めて見ました。

表側?を見てみると、傷が付いています。
気や岩にこすりつけた時などについたのでしょうか・・・
物珍しさにお持ち帰り・・・・。

まぁ、使い道はありませんが・・・・。

今回の目的はリラクゼーション。
何ヶ月ぶりかで仕事を忘れて山に遊んでもらいました。

で、最後に実のなっている枝を見ましたが、これなんでしょう?
食べられるのでしょうか????

 

関連記事

  1. 愛しのギターとエフェクター

  2. 外付けHDD故障・・・・

  3. シラスウナギの掬い子になるために・・・その後

  4. 今更ながら・・・

  5. 130センチの大ウナギが・・・

  6. 酒の弱いshubrickが好きな歌「日本全国酒飲み音頭」

  7. ボール盤のスイッチ交換

  8. 久しぶりのヒット邦楽

コメント

    • ハ ザ コ
    • 2012年 4月 13日

    SECRET: 0
    PASS:
    渓流釣り師にはヨダレがでそうな渓相ではありませんか!
    部屋に飾っておいてもいいくらい、立派な鹿角ですね。

    • got*t*711
    • 2012年 4月 14日

    SECRET: 0
    PASS:
    最後の赤い実は、アオキの実ではないでしょうか?
    今の時期、里山のあちこちで見かけますよ。
    鹿の角を拾ってんですねぇ、この時期は、角が生え変わる時なんですね。それに、最近はどこもニホンジカが増えていると聞いてます。
    私の家裏山では、ニホンカモシカを最近よく見かけます。

    • 幸の中の人
    • 2012年 4月 14日

    SECRET: 0
    PASS:
    ハザコさん、
    私は渓流釣りをまったく知らないのですが、とても雰囲気のいい川でした。
    鹿の角は・・・しっかり乾燥させてから携帯ストラップでも作ろうかなと・・・

    • 幸の中の人
    • 2012年 4月 14日

    SECRET: 0
    PASS:
    和也さん、
    ありがとうございます。アオキの実ですね。
    人間ではなく、鳥の食べ物みたいですね。
    鹿の角は初めて拾いましたので、内心ドキドキしました。
    何となく、神聖な気もして・・・・。
    猪や鹿の獣害が全国各地で相次いでいますが、改めて人と簡単に出会える場所まで寄ってきてるんだな~と思いました。
    カモシカ・・・洞戸にカモシカいるんですか・・?

    • 風花
    • 2012年 4月 15日

    SECRET: 0
    PASS:
    足跡履歴からです、はじめまして。
    鹿の角、春は北海道でもたくさん落ちています。
    毎年落ちて新しい角が生えますね。
    我が家も夫が拾ってきました^^
    壁に取り付けて帽子掛けにしています^^

    • 幸の中の人
    • 2012年 4月 16日

    SECRET: 0
    PASS:
    風花さん、初めまして。
    コメント、ありがとうございます。
    北海道は多そうですね~勝手なイメージですが・・・。
    帽子掛け・・・いいですね。
    帽子を掛けなくてもオブジェにはなりますが、我が家のイメージに、鹿の角が高級すぎて・・・

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP